11月の景気一致指数、8カ月連続低下 判断「悪化」を据え置き

2013/1/10付
保存
共有
印刷
その他

内閣府が10日発表した2012年11月の景気動向指数(CI、05年=100)によると、景気の現状を示す一致指数は前月比0.6ポイント低下の90.1だった。マイナスは8カ月連続。内閣府は一致指数の動きから機械的に求める景気の基調判断を「景気後退の可能性が高い」としている「悪化」に2カ月連続で据え置いた。

世界的な景気減速を受けて、鉱工業生産指数のほか、中小企業や生産財の出荷も軒並み悪化。半導体製造装置など一般機械の生産や出荷が停滞した。デジタルカメラなど耐久消費財の出荷や卸売業の販売額が減少するなど内需にも弱さが目立った。

数カ月後の先行きを示す先行指数は0.9ポイント低下の91.9と2カ月ぶりに低下。前月に急増した反動から住宅着工床面積が減ったほか、景気悪化を反映して生産財や最終需要財の在庫が膨らんだ。一方で11月は政権交代をにらみ東証株価指数が上昇し、指数を下支えした。

景気に数カ月遅れる遅行指数は0.3ポイント低下の86.5と2カ月ぶりに低下した。現状の雇用状況を示す指数の低下が響いた。指数を構成する経済指標のうち、3カ月前と比べて改善した指標が占める割合を示すDIは一致指数が10.0%、先行指数が38.9%だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]