2019年3月19日(火)

6月の国内企業物価、4.6%上昇 5年9カ月ぶりの高さ

2014/7/10付
保存
共有
印刷
その他

日銀が10日発表した6月の国内企業物価指数(2010年平均=100、速報値)は106.3と、前年同月に比べて4.6%上昇した。エネルギー価格が高騰していた08年9月(6.9%上昇)以来、5年9カ月ぶりの高い伸びだった。消費税増税の影響を除いたベースでは1.7%上昇と、前月(1.6%上昇)を上回った。石油製品などエネルギー価格の上昇が目立った。

企業物価指数は出荷や卸売り段階など企業間で取引する製品の価格水準を示す。項目別にみると石油・石炭製品や化学製品などが上昇した。米国や中国での良好な経済指標やイラク情勢の緊迫化などを背景に原油価格が上昇。国内のトラック輸送需要が旺盛だったことから、軽油価格の上昇につながった。農林水産物も上昇した。夏場の需要期に加え、感染症の広がりで頭数が減少し、豚肉の値段が上がった。

公表している全818品目のうち上昇品目は431品目、下落品目は309品目だった。上昇品目が下落品目を上回るのは10カ月連続。今回の公表から、録画再生装置とビデオカメラの2品目を調査対象から外した。海外生産移管が進んだことなどで価格の調査が難しくなったため。

円ベースでの輸出物価は前年比で2.1%、輸入物価は4.2%それぞれ上昇した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報