10~12月期の実質GDP、年率0.7%増に下方改定

2014/3/10付
保存
共有
印刷
その他

内閣府が10日発表した2013年10~12月期の国内総生産(GDP)改定値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.2%増だった。年率換算では0.7%増。5四半期連続でプラス成長を確保したものの、2月17日発表の速報値(前期比0.3%増、年率1.0%増)からは下方修正された。

10~12月期の法人企業統計をもとに推計し直した結果、設備投資が0.8%増(速報値は1.3%増)に下方修正された。法人企…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]