スズキ会長、浜岡原発の停止「ホッとしている」

2011/5/10付
保存
共有
印刷
その他

中部電の浜岡原発停止決定「地元企業として高く評価」 スズキの鈴木会長が発言(10日、東京都千代田区)

中部電の浜岡原発停止決定「地元企業として高く評価」 スズキの鈴木会長が発言(10日、東京都千代田区)

スズキの鈴木修会長は10日に都内で開いた決算会見で、政府要請により中部電力が浜岡原子力発電所の全面停止を決めたことに関して「地元企業として、一人の日本人として高く評価したい。浜岡原発の近くには相良工場もあり、従業員の安全確保を考えるとホッとしている」と述べた。

鈴木会長は「東京電力福島第1原発の事故を目の当たりにして、これが浜岡原発で起きたら大変なことになる。雇用の問題もあるだろうが、(政府の決定は)やむを得ない」との認識を示した。その上で「あらゆる節電をやらなければならない。東京に背広を着てやって来たが、高温多湿の日本にあっているのかどうか、服装革命をやる必要がある」と述べた。〔日経QUICKニュース〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]