/

3月の経常収支、2カ月連続黒字 11年度は過去最大の減少幅

財務省が10日発表した3月の国際収支状況(速報)によると、海外との総合的な取引状況を示す経常収支は1兆5894億円の黒字で、前年同月と比べると8.6%減少した。経常黒字は2カ月連続。

経常収支の内訳をみると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は42億円の黒字で、黒字幅は98.2%と大幅に縮小した。自動車など米国向けの輸出が伸び、輸出額は7.3%増の6兆492億円と6カ月ぶりに増えた。一方、原油価格高止まりや火力発電用の燃料輸入増の影響で、輸入額は11.9%増の6兆450億円と27カ月連続で増加した。

旅行や輸送などの動向を示すサービス収支は554億円の黒字となった。訪日する外国人や特許使用料の受け取りが増えたため。貿易・サービス収支は596億円の黒字と77.7%減った。

企業が海外から受け取る配当などが増加したことを受け、利子・配当などを示す所得収支の黒字は同10.1%増の1兆8004億円と12カ月連続で黒字幅が拡大した。

1~3月期の経常黒字は前年同期比41.6%減の2兆3299億円だった。財務省は国際収支の先行きについて「貿易黒字は東日本大震災前より低い水準にとどまる可能性があり、厳しい状況が見込まれる」と指摘。その上で、内外の経済情勢や為替相場も含めて「今後とも動向を注視しなければならない」と説明した。

同時に発表した2011年度の経常収支は前年度と比べて52.6%減の7兆8934億円の黒字だった。黒字の減少幅は比較可能な1985年以降最大で、水準としては96年度(7兆2890億円の黒字)以来15年ぶりの低さに落ち込んだ。

同年度の貿易収支は3兆4495億円の赤字。単純比較ができない旧統計基準を含めた国際収支ベースでは第2次オイルショックに見舞われた79年度(6075億円の赤字)以来の赤字となった。比較可能な85年度以降では初めて。一方で、所得収支は同13.3%増の14兆2883億円だった。

輸出額は震災によるサプライチェーン(供給網)寸断や内外の景気減速のあおりを受けて、同2.8%減の62兆6272億円に落ち込んだ。原子力発電所の停止に伴う火力発電向け燃料需要などを背景に、輸入額は同14.0%増の66兆767億円となった。〔日経QUICKニュース〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン