/

電通、米アップルと提携 携帯向け広告を日本で販売

電通は10日、携帯端末向けのインターネット広告配信で米アップルと提携すると発表した。電通は、アップルが手掛けるスマートフォン(高機能携帯電話)向けの広告「iAd(アイアド)」を日本市場向けに制作・販売する。アップルは電通の営業力を活用して日本市場を開拓する。電通は広告媒体にスマートフォンを加えることで提案力を高める。

iAdはiPhone(アイフォーン)などで起動するアプリケーションソフトの画面上に表示する広告。電通は国内企業から広告主を募るほか、広告制作も手掛ける。アップルとの収益の配分法などについては検討中という。〔日経QUICKニュース〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン