2019年6月18日(火)

米アドビ株急伸 iPhoneなどソフト開発規制、アップルが緩和
「フラッシュ」採用の思惑広がる

2010/9/10付
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=古江敦子】9日のニューヨーク株式市場で文書処理ソフト大手のアドビ・システムズが急伸し、前日比3.55ドル(12.1%)高の32.86ドルで通常取引を終えた。米アップルが9日、携帯端末向けアプリケーションソフトの開発や配信に関する規制を緩めると発表した。アップルが自社製品の一部で非対応としてきたアドビの動画再生技術「フラッシュ」が今後採用されるとの思惑が広がり、買いが膨らんだ。

アップルは高機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)」と多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」で、アドビのフラッシュ技術を対応させていなかった。スティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)はアドビを批判する書簡を4月に公開し、非対応の理由を「信頼性に欠ける」などとしていた。対するアドビは5月、アップルへの批判広告を米紙ウォール・ストリート・ジャーナルといった主要紙などで展開。フラッシュ技術を巡り、両社の対立が続いていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報