2018年10月22日(月)

マクドナルド、1~3月期の純利益35%減 既存店客数8.8%減

2014/5/9付
保存
共有
印刷
その他

日本マクドナルドホールディングスが9日発表した2014年1~3月期の連結決算は、純利益が前年同期比35%減の12億円だった。不採算店などの閉鎖や2月の大雪の影響が響き、減収となった。

売上高は5%減の623億円、営業利益は29%減の24億円だった。既存店売上高は2.5%、客数は8.8%それぞれ減少した。「古き良き時代のアメリカ」をテーマにしたハンバーガー企画「アメリカンヴィンテージ」も一部商品の販売が振るわなかった。

14年12月期通期の業績予想は据え置いた。純利益は前期比17%増の60億円を見込む。1~3月期時点で通期予想に対する進捗率は21%だった。子供用セットメニューを専用箱に入れて提供するなど、主要顧客である子供連れの家族客の呼び込みを引き続き強化する。

前日発表した4月の既存店売上高は前年同月比で3.4%減と3カ月連続でマイナスとなった。ただ、4月後半からは持ち直しており、5月はロース肉のとんかつをはさんだ「とんかつマックバーガー」で集客を狙うほか、今後はサッカーワールドカップに関連した施策も打ち出すという。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報