/

この記事は会員限定です

株、今後は「日本劣勢」のシナリオも 街角景気減速、増資ラッシュ…

[有料会員限定]

9日午前の東京株式市場で日経平均株価は反発し、上げ幅は一時200円超と前日の下げ(200円安)を帳消しにした。ポルトガル政局の落ち着きを好感した前日の欧米株式相場の上昇や、6月の中国消費者物価指数(CPI)が市場予想をやや上回ったことが買いを誘ったとみられるが、国内の好材料は特に見当たらず、外部環境頼みの面は否めない。市場では、ここにきて目立ち始めてきた日本独自の懸念要因を指摘する声も出ている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1071文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン