/

カップケーキ大手クラムスが操業停止、マグノリアなどに押され

【NQNニューヨーク=横内理恵】カップケーキ大手のクラムス・ベーク・ショップが8日、全面的に操業を停止すると発表した。業績低迷が背景で、連邦破産法第11条の適用申請などを模索する見通し。株主資本や時価総額などの上場基準を満たせなくなったため、ナスダック市場を運営するナスダックOMXグループは7月1日付で同社のナスダック上場を廃止していた。米国民の生活に浸透している代表的なスイーツであるカップケーキを巡る競争の厳しさが鮮明になった。

クラムスは2003年に創業した後、米東部を中心に事業を拡大し、11年にナスダック市場に上場した。有名ドラマに登場したことでも知られ、6月に日本にも進出した「マグノリアベーカリー」を含む競合他社の人気に押されていた。消費者が健康志向を強めていることもあり、甘味の強い同社製品は販売が伸びず、業績が悪化していた。クロワッサンとドーナッツを組み合わせた流行の「クロナッツ」の類似製品である「クラムナッツ」や、グルテンフリーの新製品を投入したものの、業績を立て直せなかった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン