/

バンナムHD社長、今期業績「コンプガチャの影響あっても達成」

バンダイナムコホールディングス(7832)の石川祝男社長は8日の決算会見で、ソーシャルゲームの課金システム「コンプリートガチャ(コンプガチャ)」の中止を消費者庁が要請するとの報道に関連し、「コンプリートガチャ(中止の)影響があったとしても、今期の業績見通しは達成できる」と話した。理由として「今期のソーシャルゲームの売上高は前期並の150億円くらいとみており、もともと大幅に伸ばす計画ではなかった」と説明した。〔日経QUICKニュース〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン