8月の経常黒字、5.8%減の1兆1142億円 貿易黒字の減少響く

2010/10/8付
保存
共有
印刷
その他

財務省が8日発表した8月の国際収支(速報)によると、経常黒字は1兆1142億円で前年同月に比べ5.8%減少した。貿易黒字が15カ月ぶりに減少したことが影響し、2カ月ぶりに経常収支の黒字幅が縮小した。

貿易・サービス黒字は47.5%減の1010億円。うち貿易黒字は35.2%減の1959億円。円高や海外経済の減速を背景に、米国や欧州連合(EU)向けの乗用車などの輸出の伸びが鈍化した一方、液化天然ガス(LNG)や鉄鉱石など原燃料の輸入の伸びが大きかった。

サービス収支は949億円の赤字(前年同月は1099億円の赤字)。特許使用料の受け取りが増えたことなどで赤字幅が縮小した。

所得収支は4.4%増の1兆1075億円の黒字。海外債券、配当金などの投資収益が増加した。〔日経QUICKニュース〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]