/

この記事は会員限定です

ミセスワタナベ「ドル弱気」に転換か 順張り派も増加

[有料会員限定]

外国為替証拠金(FX)取引を手掛ける個人投資家の間で広がっていたドルの先高観が揺らいでいる。新年早々の銀行間市場で対円で5年3カ月ぶりの高値となる1ドル=105円45銭近辺を付けた後、調整が長引いているからだ。世界に「ミセス・ワタナベ」の名で知られる個人は、ドルが上昇した場面で新たに売り持ち高を積み上げる戦略への方針転換を始めている。

ニューヨーク市場の取引時間帯にドルが1ドル=102円台前半まで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り687文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン