5月の携帯契約純増数、ソフトバンク首位 17カ月連続

2013/6/7 13:40
保存
共有
印刷
その他

携帯電話3社が7日発表した5月の携帯電話契約件数で、新規契約から解約を引いた純増数はソフトバンクモバイルが29万8000件と17カ月連続で首位だった。2位はKDDIで22万7000件。両社とも米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」とタブレットの「iPad(アイパッド)」の販売が堅調だった。NTTドコモは9万1800件の純増だった。

上位2社とも5月末に終了を予定していた学割キャンペーンの駆け込み需要も純増数を押し上げた。ソフトバンクはスマホのつながりやすさを訴える広告宣伝も寄与。KDDIは自社の光回線や提携するCATV事業者などの契約者を対象にした、スマホの通信料金割り引きが引き続き好調だった。

NTTドコモの純増数は4月の1300件から大幅に伸びた。5月下旬にソニーのスマホ「XperiaA(エクスぺリアエース)」、韓国サムスンの「GalaxyS4(ギャラクシーエス4)」と、夏商戦向けの主力に据えた新機種を相次いで発売したことが寄与した。

番号持ち運び制度(MNP)による転出入では、KDDIが8万1600件の転入超、ソフトバンクが5万2300件の転入超。ドコモは13万5800件の転出超だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]