/

仏大統領、欧州債務問題「緊縮財政にならないようにすべき」

来日中のオランド仏大統領は7日昼、首相官邸で安倍晋三首相との首脳会談後に臨んだ日仏共同記者会見で、欧州の債務問題に関して「あまり緊縮財政にならないように財政健全化を進めていかなければならない」との考えを示した。併せて「実体経済にどのような影響があるか見ていかなければならない」とも語った。

安倍晋三政権が進める経済政策「アベノミクス」については「日本のデフレ脱却への努力は良いニュースだ」と評価した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン