/

日仏、原発輸出支援へ協力 両首脳が共同声明

安倍晋三首相は7日昼、国賓として来日中のオランド仏大統領と首相官邸で会談し、経済や安全保障などでの関係強化に向けた共同声明を発表した。両国の企業連合による原子力発電所の輸出を支援するため、協力を進めていくことで合意した。「安全性の強化が優先課題」としながら、原子炉の共同開発や中東・アジア各国での受注を後押しする。

安全保障に関しては、両国の外相・防衛相会合の開催など2国間対話の強化に加え、北朝鮮やイランの核問題に対して緊密に協力することで合意。仏側は日本の国連常任理事国入りを支持すると再確認した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン