8月の景気一致CI、2カ月ぶり上昇 先行は4カ月ぶり低下

2011/10/7付
保存
共有
印刷
その他

内閣府が7日発表した8月の景気動向指数(CI、2005年=100、速報)は、景気の現状を示す一致指数が前月比0.3ポイント上昇の107.4だった。2カ月ぶりに上昇した。自動車などの輸送機械工業や鉄鋼関連などの生産の増加が指数を押し上げた。新規求人が増加した有効求人倍率や液化天然ガス(LNG)の輸入取り扱いが増えた商業販売額(卸売業)も上昇に寄与した。

一方、先行指数は0.8ポイント低下の103.8と、4カ月ぶりに低下した。最終需要財在庫率指数の上昇が指数を押し下げた。デスクトップパソコンや建設用クレーンなどの資本財や、液晶テレビ、冷蔵庫などの耐久消費財の在庫率が積み上がっている。世界的な景気減速懸念の高まりや欧州債務問題、円高を背景に、東証株価指数や日経商品指数などのマーケット関連がマイナスだった。

基調判断は「改善を示している」に据え置いた。

景気に数カ月遅れる遅行指数は、1.0ポイント上昇の89.6だった。〔日経QUICKニュース〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]