9月の景気一致CI、2カ月連続低下
海外成長鈍化で生産落ち込み

2011/11/7付
保存
共有
印刷
その他

内閣府が7日発表した9月の景気動向指数速報(CI、2005年=100)は、景気の現状を示す一致指数が前月比1.4ポイント低下の88.9だった。世界経済の成長が鈍化し、生産が落ち込んだことが影響した。低下は2カ月連続。

一致CIを押し下げたのは、投資財出荷など生産関連の指標だった。欧米や新興国の景気回復には陰りが出ており、海外向けの需要減退が生産の足を引っ張った。地上デジタル放送への完全移行が終了…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]