円、一時82円60銭台に上昇 15年ぶり

2010/10/7付
保存
共有
印刷
その他

7日午後の東京外国為替市場で、円相場は1ドル=82円台半ばに一段高。一時82円62銭前後と前日の海外市場で付けた高値(82円75銭)を上回り、1995年5月以来およそ15年4カ月ぶりの円高・ドル安水準となった。米国での根強い追加緩和観測を背景に、ドルが主要通貨に対して下落。対円でもドル売りが波及した。82円75銭近辺では損失限定(ストップロス)を目的とした円買いが膨らみ、円は上げ幅を急拡大した。

14時時点では、前日の17時時点と比べ24銭の円高・ドル安の82円86~89銭近辺で推移していた。〔日経QUICKニュース〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]