/

11月の携帯電話純増数、ソフトバンクが首位 8カ月連続

携帯電話4社が7日発表した11月末の携帯電話契約数によると、新規契約から解約を差し引いた純増数はソフトバンクモバイルが27万6600件でトップだった。ソフトバンクの首位は8カ月連続。スマートフォン(高機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)4」がけん引した。

次いでNTTドコモが8万8100件で2位。サムスン電子製のスマートフォン「ギャラクシーS」の出足好調が寄与し、前月の最下位から浮上した。

3位は前月と変わらずKDDIで8万2300件。前月2位だったイー・モバイルは5万600件で最下位だった。〔日経QUICKニュース〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン