/

三越伊勢丹、14店で表示と異なる食材 「深くおわび」

三越伊勢丹ホールディングスの赤松憲常務は6日午後、百貨店内のレストランなどでメニューの表示と異なる食材を使っていた問題を公表した記者会見で冒頭「すべてのお客様並びに関係者の皆様に深くおわび申し上げます」と陳謝した。

メニュー表記と異なる食材を使っていたのは三越伊勢丹グループ内では日本橋三越など8店舗のレストラン13店、伊勢丹会館での1店の合計14店。「芝エビ」「大正エビ」と表記していたメニューで「バナメイエビ」を使ったほか、「牛フィレ肉」では「加工肉」を使用するなど、全部で52のメニューで誤表示があった。売り上げにしておよそ3億円分に相当する。消費者に対しては利用状況を確認した上で、該当店舗で代金を返金するという。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン