官房長官、薬ネット販売の新ルール「安全と利便を兼備」

2013/11/6付
保存
共有
印刷
その他

菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、医薬品のネット販売を巡り政府がまとめた新ルールについて「安全性と利便性をしっかり兼ね備えた内容」と評価した。新ルールは、劇薬5品目と医療用医薬品(処方薬)から切り替わって3年程度の薬はネット販売を認めない内容。

ネット販売に品目規制をかけるのは対面販売との差別だとの批判に対しては「安全性は極めて重要」と指摘した上で、「政権がインターネットと対面販売を差別したわけでなく、専門家の検討(を踏まえた)結果」と否定した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]