/

官房長官、食材虚偽表示「景表法への認識甘い」

菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、全国のホテルや百貨店で表示と異なる食材を使っていたことが相次いで明らかになった問題について、「表示に対する消費者の信頼を損なうものであり、誠に遺憾」と述べた。

法規制の見直しについては「景品表示法について事業者が甘く考えていた部分がある」と指摘。その上で現在の景品表示法に基づいて消費者庁において厳正に対処していくことが、「警告を発する意味でも重要」との考えを示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン