/

この記事は会員限定です

株、「魔の木曜日」回避か 成長戦略にはなお懸念

[有料会員限定]

6日前場の日経平均株価は前日比59円安の1万2955円と小幅安で引けた。前日の米株安や円相場の上昇を嫌気して、取引時間中としては2カ月ぶりに1万3000円を下回ったが、下値では値ごろ感から個人投資家などの買いが入った。日経平均は5月23日の木曜日に1143円安と歴代11番目の下げ幅を記録し、1週間後の同30日も737円安だったが、きょうは「ひとまず"魔の木曜日"は避けられそうだ」(岡三オンライン証...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り809文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン