/

日産自、軽自動車「デイズ」発売 志賀氏「日産の全技術を注入」

日産自動車(7201)は6日、三菱自動車(7211)と共同開発した新型軽自動車「デイズ」を発売した。車高を高くし、室内空間を広くしたほか、車体の軽量化で燃費性能を高めた。

記者会見した日産自の志賀俊之最高執行責任者(COO)は「日産の持つすべての技術を注ぎ込んだ」と強調した。2014年に発売を予定する第2弾の新型軽自動車「デイズ ルークス」と併せ、約7%だった軽自動車のシェアは「2ケタ台を狙っていきたい」と述べた。

デイズの燃費性能はガソリン1リットルあたり29.2キロメートル(JC08モード)。天井位置の高い「トールワゴン型」としてトップレベルの性能になったという。価格は106万7850円から。月間8000台の販売を目指す。

装備の充実した「X」など一部には、車の周囲を確認できる「アラウンドビューモニター」を軽自動車として初めて搭載し、安全性能を強化した。また紫外線を99%カットするスーパーUVカット断熱グリーンガラスをフロントドアに採用した。子どもを持つ40代女性をメーンターゲットに売り込む。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン