/

携帯純増数、ドコモ5年ぶり低水準 ソフトバンク首位

6月

携帯電話会社3社が6日発表した6月の携帯電話契約件数によると、NTTドコモの純増数は1万1300件だった。純減となった2007年8月以来ほぼ5年ぶりの低い伸びになった。携帯ゲーム機向けに提供した通信回線の未更新に伴う解約増が響いた。首位は6カ月連続でソフトバンク傘下のソフトバンクモバイル。純増数は22万2300件だった。2位はKDDIの12万6500件。

NTTドコモは、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が昨年12月に発売した携帯ゲーム機「プレイステーション(PS)ヴィータ」に半年間のプリペイド方式で回線を提供したが、6月は期限到来で更新しなかった件数が10万件超に膨らんだ。一方、次世代高速通信に対応した機種への乗り換えは順調という。MNP(番号持ち運び制度)で6万3400件の転出超過だったが、夏モデルが出そろう7月には巻き返しを狙う。

ソフトバンクモバイルとKDDIは引き続き、米アップルのスマートフォン(高機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)4S」の人気が支えになり、前年同月の純増数を上回った。ソフトバンクは7月から運用を開始する電波の届きやすい「プラチナバンド」と呼ばれる周波数900メガ(メガは100万)ヘルツ帯を利用した通信サービスに対応した機種も伸びた。KDDIはiPhone以外のスマホも順調で、契約数の増加に寄与した。

MNPではソフトバンクが2万8400件、KDDIが3万5900件とそれぞれ転入超過だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン