/

UQコム、後継「WiMAX」の実証試験成功 下りで100メガビット

UQコミュニケーションズ(東京・港)は6日、高速無線通信「WiMAX」の後継技術「WiMAX2」の実証実験を実施し、下り(インターネットからパソコンなどの端末へ)で毎秒100メガ(メガは100万)ビット超の通信速度を達成したと発表した。実験には韓国のサムスン電子が協力した。同社は引き続き試験を重ね、2013年に実用化する方針。

現行のWiMAXの通信速度は下りが最大で毎秒40メガビット。〔日経QUICKニュース〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません