東電、福島原発の汚染水放出が一部終了 5、6号機では続行

2011/4/6付
保存
共有
印刷
その他

東京電力の松本純一・原子力・立地本部長代理は6日午前の記者会見で、「低レベル」と説明している放射性物質に汚染された水の海への放出が一部終了したことを明らかにした。集中廃棄物処理施設から海への放出は同日午前6時30分に終わったという。放出量は約7000トンで、まだ約600トン残っているが、想定の1万トンを下回った。一方、5号機、6号機の建屋浸水を避ける目的で汚染した地下水を海に放出することは続けている。松本氏は「(放水により)水位は下がっている」と述べた。〔日経QUICKニュース〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]