/

この記事は会員限定です

兜町今昔 増資の悲願、かなわなかったあの頃

[有料会員限定]

三井不動産、第一生命保険など大型の増資発表が相次いでいる。アベノミクスによる株高が凍り付いていた経営者心理を温め、前向きな成長資金の確保へと走らせている。しばらく見られなかった光景だ。

東京株式市場を取り巻くいまの雰囲気を春とするなら、厳冬期だったのが1990年代後半。日本経済が金融危機の荒波にもまれていたあの頃は増資すらままならず、金融機関が窮地に追い込まれた。当時の大蔵省は「大手行はつぶさない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1461文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン