/

新車販売1月、アクア5位 プリウス8カ月首位

自動車業界団体が6日まとめた1月の車名別新車販売ランキング(軽自動車を含む)によると、トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」が8カ月連続の首位だった。販売台数は前年比2.1倍の2万9108台。ワゴンタイプの新モデル「プリウスα」の販売増などが寄与した。エコカー補助金の復活が決まった効果も一部みられたという。

2位はホンダの小型車「フィット」だった。販売台数は44.2%増の2万1449台。HVタイプやワゴンタイプ「フィットシャトル」の販売が台数増に貢献した。3位はダイハツ工業の軽自動車「ミラ」。販売台数は前年比3.8倍の1万9795台。HV並みの燃費性能を誇る「ミライース」の販売好調が継続した。4位はホンダのミニバン「フリード」で前年比2.7倍の1万4042台。HVモデルの投入効果があったとみられる。

5位はトヨタが昨年12月下旬に発売した新型HV「アクア」が入り、販売台数は1万3485台だった。ガソリン1リットルあたりの燃費が実際の走行パターンに近い「JC08モード」で35.4キロメートル、「10.15モード」では40.0キロと世界最高の燃費性能を実現するほか、販売価格もプリウスに比べ割安に設定し、低燃費と低価格を志向する顧客の需要を取り込んだ。販売開始から今年1月末までの約1カ月間で月販目標台数の10倍となる約12万台受注するなど好調に推移している。〔日経QUICKニュース〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン