/

財務相、一体改革素案「消費税率の引き上げ時期を明記したい」

安住淳財務相は6日の閣議後記者会見で、野田佳彦首相から2011年内の取りまとめ指示を受けた社会保障と税の一体改革の素案に関し「(消費税の)税率、引き上げ時期を明記したい。おおむね何年のいつからというのは当然書かないといけない」と語った。「ある時点から」消費増税に伴う低所得者対策などを実施する必要性にも言及した。

消費増税については、国民の理解が必要だとも指摘。「消費税をそのまま年金、医療、介護を中心としたお金に使うという流れの透明性を、いかに国民に分かってもらうかが成否を決める。(すべて社会保障費に使う)100%完全目的税化するという方向性を打ち出していくべきだ」と強調した。〔日経QUICKニュース〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン