/

新車販売5月、上位に軽 スズキ「ワゴンR」2年ぶり首位

自動車業界団体が6日まとめた5月の車名別新車販売ランキング(軽自動車含む)によると、スズキの軽自動車「ワゴンR」の販売台数が1万1186台となり、2009年5月以来、2年ぶりの首位となった。軽自動車が販売台数で首位になるのも2年ぶり。ダイハツ工業の軽自動車「ムーヴ」が9402台で2位となり、軽自動車が1、2位を独占した。3位はホンダの小型車「フィット」で9354台だった。

軽自動車は登録車に比べ部品数が少なく、東日本大震災によるサプライチェーン(供給網)の寸断を背景とした部品の調達不足の影響が相対的に軽微だったとみられる。1日に日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表した5月の登録車の新車販売は前年同月比37.8%減だったのに対し、全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が発表した同月の軽自動車販売は25.4%減と、登録車に比べ減少率は小幅だった。〔日経QUICKニュース〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン