経財相、非正規労働者の正規化「多様な形で拡大を」

2013/11/5付
保存
共有
印刷
その他

政府は官邸で5日、経済の好循環に向けた政労使会議の第3回会合を開催した。終了前に甘利明経済財政・再生相は、望まないのに非正規雇用が長期化している労働者がいることを課題として挙げ、非正規労働者の正規化を促すために「キャリア形成を促すとともに、職場のニーズにあった多様な正社員の形が積極的に生み出され、その道筋の拡大が図られることが極めて有意義だ」と述べた。その上で政府としても「非正規労働者の処遇改善に向けた環境整備に積極的に取り組んでいきたい」との考えを示した。

政労使会議は企業収益の改善を賃金に上昇につなげる経済の好循環の実現を目的に、政府が経済界や企業、労働界の代表者を集め意見交換を行っている。今回は3回目で、閣僚では麻生太郎副総理・財務・金融相や茂木敏充経済産業相らが出席したほか、企業の代表として吉野家HDの安部修仁会長、セブン&アイの村田紀敏社長などが参加した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]