/

経財相、TPP「参加国すべてがウィンウィンになるよう努力」

甘利明経済財政・再生相は5日夕、環太平洋経済連携協定(TPP)について「タフな交渉になると思うが、まず日本の国益を踏まえ、参加国すべてがウィンウィンになるような仕上がりに向けて最大の力を発揮したい」と強調した。事前協議については「非常に厳しいせめぎ合いをしていると承知しているが、事務方を督促して最大の努力をしている」と説明した。内閣府で記者団の質問に答えた。

TPP担当相を兼ねる甘利氏は、政府が同日設置したTPP政府対策本部の本部長に就任している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン