/

NTT社長、携帯シェア競争「しかけられている以上避けられず」

NTT(9432)の鵜浦博夫社長は5日午後、2013年4~6月期決算発表で記者会見し、携帯電話のシェア競争について「当初想定していたよりも厳しいというか熾烈(しれつ)だ」との認識を示した。そのうえで「スマホ(スマートフォン)への移行もあってのことで、しかけられている以上は避けられない」と述べた。料金の割引を拡大する点は「将来の利益を使うのでなく、コストを引き下げることで立ち向かうべきだ」と強調した。

NTTドコモ(9437)が販促費投入をソニー(6758)と韓国サムスン電子の2機種に絞り込む「ツートップ戦略」について「6月の純増数が振るわなかったことだけを見て(成否を)判断するのはいかがなものかと思う」と言及。NTTドコモが7日発表する7月の携帯電話の契約件数について、同社が純増数を伸ばしていることを示唆した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン