/

この記事は会員限定です

「政」上海VS「民」深セン 売買の盟主争いの行方

[有料会員限定]

【NQN香港=長尾久嗣】中国証券市場の「盟主」を巡る綱引きが激しさを増している。何のことかと言うと、上海と深セン証券取引所の売買代金の多寡。中国を代表する市場といわれて真っ先に思い出すのは上海証取だが、最近は深セン証取が売買代金で上海を凌駕(りょうが)する場面が増えた。深セン市場に多い中小企業やベンチャーへの投資熱が高まったことが背景だが、足元では政策期待を武器に上海が巻き返す気配もあり、せめぎ合い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1190文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン