/

6月携帯契約数、ドコモが純減 転入獲得に苦戦

携帯電話3社が5日発表した6月の携帯電話契約件数で、NTTドコモは新規契約から解約を差し引いた純増減数が5900件のマイナスになった。純減は1月以来5カ月ぶり。高速通信サービス「LTE」を軸にした顧客獲得競争で、より低価格を前面に出したKDDIが優勢だった。純増数の首位は18カ月連続でソフトバンクだった。

KDDIは23万2200件の純増。番号持ち運び制度(MNP)では8万5300件の転入超過だった。人気歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさんをCMに起用し、MNPを利用したKDDIのLTEへの加入などで基本料金を2年間無料にするキャンペーンを6月1日から実施したのが寄与した。

NTTドコモはMNPでの新規契約で基本料金を約1年間割り引くキャンペーンを実施したものの新規の契約は伸び悩み、純減につながった。MNPでは14万6900件の転出超過と、純減だった1月(14万4700件の転出超過)よりも転出超過幅が広がった。

一方で、NTTドコモはソニー(6758)の「エクスペリアA(エース)」と韓国サムスン電子の「ギャラクシーS4」を旗艦と位置付ける「ツートップ戦略」で、従来型の携帯電話からスマホへの乗り換えが進んだ。結果として「他社への乗り換えは減少している」(NTTドコモの広報担当者)という。

ソフトバンクの純増数は24万8100件。MNPでは5万9900件の転入超過。米アップルのスマホ「iPhone(アイフォーン)」、タブレット(多機能携帯端末)の「iPad(アイパッド)」の人気に加え、電波のつながりやすさが改善したとの宣伝広告が引き続き寄与した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン