/

官房長官「ベアが望ましい」 春季労使交渉に期待

菅義偉官房長官は5日午前の記者会見で、2014年の春季労使交渉について「賃上げに向けた具体的な動きが広がること、こうした動きが広がることで経済の好循環が実現できる」と期待感を示した。具体的な賃上げ方法としては「一時金も望ましいが、それよりもやはり(賃金水準を底上げする)ベースアップが望ましい」と語った。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン