/

この記事は会員限定です

株、欧州不安浮上で「海外次第」を再認識

[有料会員限定]

5日午前の東京株式市場で日経平均株価は147円安と反落。南欧で政局の不透明要因が浮上したことを受け、前日の欧米株式相場が軒並み安となった流れを引き継いだ。最近の相場上昇は、安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」を受けた日本株の再評価との解釈は多い。だが5日は海外投資家などによるリスク回避の売りが優勢で、これまでが欧米などの情勢が安定していたからこその日本株買いだったことを示した格好だ。今後は欧米株...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1045文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン