/

官房長官「自民のパイプに疑問」 中国との外交人脈

仙谷由人官房長官は5日午後の記者会見で、中国漁船衝突事件に伴う中国との関係悪化を受け民主党は中国との外交人脈が薄いとの指摘が出ていることについて「自民党は数多くのパイプを持っていたのだろうが、それにしては日中関係が現状のような姿だというのはどういうパイプだったのか。それほど肯定的に見ているわけではない」と述べた。

そのうえで「中国が経済大国になった状況下では、地下水脈が何本かあればなんとかなるという時代ではなくなっている。民主党の若い世代も含めて本音で忌憚(きたん)のない議論できる関係をつくらなければいけない」との考えを示した。〔NQN〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン