経団連会長、欠損金繰越制度見直し「体を張ってでも阻止したい」

2010/11/5付
保存
共有
印刷
その他

日本経団連の米倉弘昌会長は5日、日本記者クラブで講演し、政府が法人税率引き下げの代替財源として、欠損金を翌期以降に繰り越して所得と相殺できる制度の見直しを検討していることについて「赤字企業からカネが出て行くのは企業をさらに追い詰める。体を張ってでも阻止したい」と、反対の考えを強調した。

法人減税の財源として、その他にも企業向け優遇税制の見直しが浮上していることに関しては「法人税を下げても実質的に同じ税制だと、口先だけの産業活性化になる」と指摘。税負担の軽減による企業の活性化を通じて全体の税収を増やすことが重要との認識を示した。〔日経QUICKニュース〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]