自民党、子ども手当に「不要」判定 「逆仕分け」実施

2010/4/5付
保存
共有
印刷
その他

自民党の「無駄撲滅プロジェクトチーム」(河野太郎座長)は5日、党本部で政府の2010年度予算の「逆・事業仕分け」を実施し、鳩山政権の目玉である子ども手当を「不要」と判定した。

河野氏は政府・与党がかかげる子ども手当の政策目的があいまいで「財源の制約もある」と指摘した。

約1時間半の議論では「待機児童解消に向けた保育所整備などを望む声が多い」「不正受給の防止策が不備なのになぜ支給を急ぐのか」といった声が相次いだ。

自民党の逆事業仕分けは6日まで開催。高速道路無料化や農家への戸別所得補償なども判定する。〔NQN〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]