/

イオン社長「食品などに節約志向」 3~5月90%減益

イオンの岡田元也社長は4日の決算説明会で、2014年3~5月期の連結純利益が前年同期比90%減と大きく落ち込んだことについて「非常に残念」と語った。消費税引き上げ後の消費者意識について「どうしても使わなければいけないところにはお金を使い、節約できるところで節約している」と分析。「スマートフォン(スマホ)や電気、ガソリンといったインフラコストの上昇が消費者にプレッシャーを与えている」と指摘したうえで、「消費者は食品など、日常生活ですぐに節約できるところで節約している」と述べた。

同席した森美樹副社長はイオンリテールを中核とする総合スーパー(GMS)事業の不振について「消費増税後の施策が中途半端で安さのメッセージが伝わらず、客数を伸ばせなかった」と振り返った。イオンリテールの3~5月期の既存店売上高は前年同期比で横ばいだった。客数が3.4%減、客単価は3.5%増と伸びたが、客数減を補えなかった。森副社長は「客は価格志向が強く、増税後はその傾向がさらに強くなった」と指摘した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン