/

マネックス証券、11月の売買代金1%増 相場上昇で個人の買い

マネックスグループ(8698)傘下のマネックス証券が4日に発表した11月の売買代金は、前月比1%増の1兆6922億円だった。1日平均では前月に比べ11%増加した。日経平均株価が月間で1割強上昇するなど、相場上昇に合わせて個人投資家が積極的に買いを入れた。

同業他社では11月上旬に中小型株の上値が重かったことで、月間の売買代金が前月比で減少するケースが目立った。だがマネックスは信用取引を利用して回転売買する投資家層の割合が相対的に小さいため、大型株の上昇に伴って入った買いが、売買代金全体を押し上げた可能性もある。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン