黒田氏、日銀の外債購入「国際的なルールから言って難しい」

2013/3/4付
保存
共有
印刷
その他

日銀総裁候補の黒田東彦アジア開発銀行総裁は4日昼、衆院議院運営委員会の所信聴取で、日銀が金融緩和策の一環として外債を購入する案について、主要7カ国(G7)や20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁間での共同声明などに触れたうえで、「日銀として外債を大量に買うことは国際的なルールから言っても難しい」と語った。

また金融緩和策の実施にあたっては「資産価格をターゲットにして金融政策をやることはあり得ない」と指摘した。

みんなの党の浅尾慶一郎氏への答弁。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]