2018年7月21日(土)

北陸新幹線用の新車両「E7系」開発 JR東・西
グリーン車上回る高級座席導入

2012/9/4付
保存
共有
印刷
その他

 東日本旅客鉄道(JR東日本、9020)は4日、2014年度末の北陸新幹線の金沢開業に向け、西日本旅客鉄道(JR西日本、9021)と共同で新型車両を開発すると発表した。長野新幹線を走る「E2系」をベースに、快適性や安全対策を向上させるほか、デザインにもこだわる。

 新型車両「E7系」は12両編成で、グリーン車より上級の高級座席「グランクラス」を導入。車内の全ての洋式トイレに温水洗浄機能付便座を設置するなど、サービス設備を充実させた。地震時の安全対策として、ブレーキ力もE2系に比べ約1割向上。ブレーキ距離を短縮したという。最高時速は現行どおりの時速260キロメートル。

 車体には日本の伝統工芸である銅器をイメージした銅色を一部に使用。同日記者会見したJR東日本の冨田哲郎社長は「日本の伝統美と最先端技術の融合を表現した」と述べた。

 17編成(204両)を予定しており、2013年秋に第1編成が完成する見込み。開発や生産にかかるコストは「これから精査する」(冨田社長)という。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報