楽天、最終赤字413億円 カード事業再構築で特損
1~6月期、売上高・経常利益は過去最高

2011/8/4 15:37
保存
共有
印刷
その他

楽天が4日発表した2011年1~6月期連結決算は、最終損益は413億円の赤字(前年同期は171億円の黒字)だった。消費者金融事業の売却などで特別損失が813億円に膨らんだことが響いた。売上高と経常利益は過去最高を更新した。

売上高は前年同期比8%増の1776億円、経常利益は5%増の290億円。主力のインターネット通販や宿泊予約は東日本大震災以降も好調が続いた。

同社は子会社の楽天KC(福岡市)から楽天カード事業を分離しグループ内に残したうえで、それ以外の消費者金融事業を中堅ノンバンクのJトラストに売却。これに伴って、多額の特別損失が発生した。〔日経QUICKニュース〕

保存
共有
印刷
その他

決算関連情報はこちら


関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]