2019年5月24日(金)

ソニー株32年ぶり安値、一時1000円割れ 時価総額1兆円割れ

2012/6/4付
保存
共有
印刷
その他

4日午前の東京株式市場でソニー株が続落した。前週末比23円安の990円で寄り付き、心理的節目の1000円を割り込んで年初来安値を更新した。1991年と2000年に実施した株式分割を考慮すると、1980年8月以来の安い水準となる。欧州債務不安やそれを背景にした円高傾向、ここにきて米雇用情勢の失速による景気懸念も加わり、海外投資家などによる手じまいの売り圧力が一段と強まっている。信用買い残の多さ、個人などの関心の高さもあって、信用取引の追加担保差し入れ義務(追い証)発生に伴う換金売りも株価下落に拍車をかけている。

ソニーの発行済み株式数は約10億株。時価総額も節目の1兆円を割り込んだ。〔日経QUICKニュース〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報