/

東電、低濃度汚染水放出「メガフロート準備間に合わず決断」

東京電力は4日、福島第1原子力発電所から低濃度の放射線物質を含む水を海に放出することに関連して、「静岡市から提供を受ける予定のメガフロート(大型浮体式海洋構造物)の準備が時間的に間に合わないことで決断した」ことを明らかにした。その上で「メガフロートは1万トン程度の水をためることが可能で、準備ができ次第、メガフロートも活用したい」と述べた。

〔日経QUICKニュース〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン