/

カブコム11月売買代金5.3%減 1日平均は増加、信用取引広がる

カブドットコム証券(8703)が3日発表した11月のインターネット経由の売買代金は、1兆9935億円と前月に比べ5.3%減った。11月の営業日数が10月より2日少ない20日間だったことが響いた。1日あたりの売買代金では4.2%上回り、996億円だった。

外国為替市場で円相場が1ドル=100円近辺まで下落し始めた中旬ごろから株式相場上昇への期待感が高まり、売買が活発になった。特にドワンゴ(3715)や10月に新規上場したエナリス(6079)といった銘柄を中心に信用取引が増えた。

株の空売り規制が緩和された11月5日に合わせ、カブコムは信用取引の手数料を下げていた。「投資余力が増した個人の売買を呼び込みやすかった」(広報)といった面も信用取引の増加につながった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン